コンテンツにスキップ

DHCP ブートオプションの設定

Sophos Firewall を DHCP サーバーとして使用するときに、ブート設定情報を DHCP クライアントに提供するように設定できます。

はじめに

DHCP オプションを使って、DHCP クライアントに設定情報を提供できます。具体的には、DHCP メッセージのオプションフィールドにデータ項目およびタグを指定することで、設定パラメータやその他の制御情報を伝えることができます。これらのデータ項目は、DHCP クライアントのベンダーが指定するオプションに対応しています。

Sophos Firewall は、指定の DHCP オプションすべて (1~255) をサポートしています。オプションの全リストについては、DHCP オプションを参照してください。Sophos Firewall は、以下の規格をサポートしています。

  • RFC 2131: DHCP オプションと BOOTP ベンダー拡張
  • RFC 2132: Dynamic Host Configuration Protocol (ダイナミックホスト設定プロトコル)

概要

この例では、DHCP オプション 66 および 67 を設定し、Sophos Firewall から DHCP クライアントにブート情報を提供します。これにより、PXE クライアントに TFTP サーバーの IP アドレスと、ブート情報ファイルのパスが提供されます。ネットワーク情報は以下のとおりです。

  • Sophos Firewall DHCP サーバーインターフェース: 192.168.10.1
  • TFTP サーバー: 192.168.10.3
  • ブートファイルの場所: boot\x64\winboot.com
  • DHCP クライアント: 192.168.10.55192.168.10.254

ネットワークスキーマ

DHCP サーバーの設定

Sophos Firewall を DHCP サーバーとして設定し、DHCP クライアントにリースする IP アドレス、DNS設定、ブートオプションを指定します。以下の手順に従ってください。

ここに記載されていない項目については、デフォルト値を使用してください。

  1. ネットワーク > DHCP > サーバー」に移動します。
  2. 追加」をクリックします。
  3. 全般設定」で、以下のように入力します。

    設定
    名前 DHCP_boot_options
    インターフェース Port2 - 192.168.10.1
    ダイナミック IP リース 開始 IP: 192.168.10.55
    終了 IP: 192.168.10.254

    次に例を示します。

    DHCP サーバーの設定

  4. DNS サーバー」で、「デバイスの DNS 設定を使用」を選択します。

  5. ブートオプション」で、以下のように入力します。

    設定
    ネクストサーバー 192.168.10.3
    ブートファイル boot\x64\winboot.com

    次に例を示します。

    ブートプション

  6. 保存」をクリックします。

これで、DHCP クライアントが Sophos Firewall から DHCP 設定の一環として TFTP サーバーおよびブートファイル情報を受信するようになります。PXE クライアントは、この情報に基づいて TFTP サーバーを検索し、ブートファイルをダウンロードします。

詳細情報

トップへ