コンテンツにスキップ

Avaya IP 電話向けの DHCP オプションの設定

Sophos Firewall を DHCP サーバーとして設定し、DHCP オプションを追加して DHCP クライアントに設定パラメータを渡すことができます。

はじめに

DHCP オプションを使って、DHCP クライアントに設定情報を提供できます。具体的には、DHCP メッセージのオプションフィールドにデータ項目およびタグを指定することで、設定パラメータやその他の制御情報を伝えることができます。これらのデータ項目は、DHCP クライアントのベンダーが指定するオプションに対応しています。

たとえば、Sophos Firewall を DHCP サーバーとして設定してから、SIP サーバーの IP アドレスおよび追加情報を IP 電話に渡すように指定することができます。

Sophos Firewall は、指定の DHCP オプションすべて (1~255) をサポートしています。オプションの全リストについては、DHCP オプションを参照してください。Sophos Firewall は、以下の規格をサポートしています。

  • RFC 2131: DHCP オプションと BOOTP ベンダー拡張
  • RFC 2132: Dynamic Host Configuration Protocol (ダイナミックホスト設定プロトコル)

この例では、Avaya デバイス (SIPサーバー) および IP 電話を使用します。DHCP オプション 176 および 252 を設定し、Avaya および TFTP サーバーに対応するようにします。

SIP サーバーと電話

ネットワークの詳細は以下のとおりです。

  • WAN IP アドレス: 203.0.113.1
  • DHCP サーバーのインターフェース: 192.168.30.1
  • SIP サーバー: 192.168.30.99
  • TFTP サーバー: 192.168.30.102
  • SIP 電話: 192.168.30.3192.168.30.98

SIP サーバーと電話のネットワーク図

DHCP サーバーの設定

Sophos Firewall を DHCP サーバーとして設定し、DHCP クライアント (IP 電話) にリースする IP アドレスを指定します。

  1. ネットワーク > DHCP」の順に選択します。
  2. 名前を入力します。

    この例では、IPPhone_DHCP を使用します。

  3. ダイナミック IP リース」に入力します。

    この例では、以下の IP アドレスをリースします: 192.168.30.3192.168.30.98

    Sophos Firewall を DHCP サーバーとして設定する方法について詳しくは、Sophos Firewall を DHCP サーバーとして設定する方法を参照してください。

    次に例を示します。

    DHCP サーバーの設定

  4. 保存」をクリックします。

DHCP オプションを設定する

この例では、DHCP オプション 176 を定義し、DHCP サーバーの設定にバインドします。また、このオプションを Avaya SIP サーバーおよび TFTP サーバーにバインドし、SIP サーバーに電話を登録するための通信ポートを指定します。DHCP オプションは、以下の方法で設定できます。

  • Web 管理コンソール
  • CLI
  1. ネットワーク > DHCP」の順に選択します。
  2. IPPhone_DHCP サーバーの「編集「編集」ボタン をクリックします。
  3. DHCP オプション」に移動します。
  4. オブジェクト 176 を DHCP サーバー IPPhone_DHCP の設定にバインドし、SIP 登録ポートおよびサーバーを指定するには、以下のように入力します。

    設定
    オプション カスタム
    コード 176
    種類 文字列
    MCIPADD=192.168.30.99,MCPORT=1719,TFTPSRVR=192.168.30.201

    」フィールドに入力した文字列によって、以下のパラメータが設定されます。

    パラメータ 説明
    MCIPADD 192.168.30.99 Avaya IP 電話を登録するための Avaya コールサーバーの IP アドレス。

    この例では、SIP サーバーが IP 電話を登録します。
    MCPORT 1719 Avaya IP 電話の登録には、Avaya コールサーバーのポート 1719 がデフォルトで使用されます。

    カスタムポートを使用する場合は、Avaya サーバーで設定する必要があります。
    TFTPSRVR 192.168.30.201 TFTP サーバーのアドレス。IP 電話のファームウェアの自動アップグレードのために接続します。

    アップグレードは、電話が現在のファイルよりも新しいバージョンの設定ファイルを受信したときに実行されます。
  5. 「追加」ボタン をクリックして、DHCP オプションをもう 1つ追加します。

  6. 以下のように入力して、DHCP オプション 252 を追加します。

    設定
    オプション カスタム
    コード 252
    種類 文字列
    ConfigHttpSrvr=192.168.30.102
  7. 保存」をクリックします

  1. コマンドラインコンソールにサインインし、「4」と入力して「デバイスコンソール」を選択します。
  2. DHCP オプションのリストを表示するには、以下のコマンドを入力します。

    system dhcp dhcp-options list
    

    1~76 のオプションのみが表示されますが、255個のオプションオブジェクトすべてがサポートされています。

  3. IP 電話の DHCP オプション 176 を追加するには、以下のコマンドを入力します。

    system dhcp dhcp-options add optioncode 176 optionname iptelephone optiontype string
    
  4. オブジェクト 176 を DHCP サーバー IPPhone_DHCP の設定にバインドし、SIP 登録ポートおよびサーバーを指定するには、以下のように入力します。

    system dhcp dhcp-options binding add dhcpname IPPhone_DHCP optionname IPTelephone(176) value ‘MCIPADD=192.168.30.99,MCPORT=1719,TFTPSRVR=192.168.30.201’
    
    パラメータ 説明
    MCIPADD 192.168.30.99 Avaya IP 電話を登録するための Avaya コールサーバーの IP アドレス。

    この例では、SIP サーバーが IP 電話を登録します。
    MCPORT 1719 Avaya IP 電話の登録には、Avaya コールサーバーのポート 1719 がデフォルトで使用されます。

    カスタムポートを使用する場合は、Avaya サーバーで設定する必要があります。
    TFTPSRVR 192.168.30.201 TFTP サーバーのアドレス。IP 電話のファームウェアの自動アップグレードのために接続します。

    アップグレードは、電話が現在のファイルよりも新しいバージョンの設定ファイルを受信したときに実行されます。
  5. 以下のように入力して、DHCP オプション 252 を追加します。

    system dhcp dhcp-options add optioncode 252 optionname iptelephone optiontype string
    

    オブジェクト 252 はプライベート用に予約されています。この例では、HTTP サーバーの IP アドレスとして SIP サーバーのアドレスを指定します。

  6. オブジェクト 252 を DHCP サーバー IPPhone_DHCP の設定および HTTP サーバーにバインドするには、以下のコマンドを入力します。

    system dhcp dhcp-options binding add dhcpname IPPhone_DHCP optionname httpserver(252) value ‘ConfigHttpSrvr=192.168.30.102’
    
    パラメータ 説明
    ConfigHttpServer 192.168.30.102 HTTP サーバーの IP アドレス。

SIP トラフィックに対応するように DHCP オプションを設定しました。

トップへ