コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-11

IP トンネルの追加

  1. ネットワーク > IP トンネル」に移動し、「追加」をクリックします。
  2. 名前を入力します。名前は後で変更することができます。

    最大文字数: 58

    サブシステムには、インターフェースのハードウェア名ではなく、カスタマイズ可能な名前が表示されます。

    制限事項

    物理インターフェース、仮想インターフェース、ワイヤレスネットワーク、および IP トンネルの名前の先頭に、システムに予約された名前 (portethgexfrm など) を指定することはできません。ただし、「名前」が「ハードウェア」名と同じである場合を除きます。

  3. インターフェースのハードウェア名を入力します。この名前は後で変更できません。

    最大文字数: 10

    使用できる文字: (A-Za-z0-9_)

  4. トンネルの種類を選択します。

    オプション 説明
    6in4 IPv4 バックボーン上の IPv6-to-IPv6 通信。送信元および宛先 IPv4 アドレスは手動で設定する必要があります。ポイントツーポイント通信には、この方法を推奨します。
    6to4 IPv4 バックボーン上の IPv6-to-IPv6 通信。トンネルの宛先 IPv4 アドレスは自動的に取得されますが、送信元アドレスは手動で指定する必要があります。ポイントツーマルチポイント通信には、この方法を推奨します。
    6rd IPv4 バックボーン上の IPv6-to-IPv6 通信。これは 6to4 トンネルを拡張したものです。トンネルは、指定または事前定義した ISP プレフィックスによって確立されます。
    4in6 IPv6 バックボーン上の IPv4-to-IPv4 通信。送信元および宛先 IPv4 アドレスは手動で設定する必要があります。ポイントツーポイント通信には、この方法を推奨します。
  5. 設定を指定します。

    オプション 説明
    ゾーン トンネルに割り当てるゾーン。
    ローカルエンドポイント トンネルのローカルエンドポイントの IP アドレス。6in4、6to4、6rd の場合は、IPv4 アドレスになります。4in6 の場合は、IPv6 アドレスになります。
    リモートエンドポイント トンネルのリモートエンドポイントの IP アドレス。6in4 の場合は、IPv4 アドレスになります。4in6 の場合は、IPv6 アドレスになります。
  6. 詳細設定を指定します:

    オプション 説明
    TTL パケットの time-to-live の値。パケットを破棄する前の送信試行回数の上限を定義します。
    TOS 提供するサービスの種類にしたがって、IP パケットに割り当てられる値。サービスは、パケットの優先度や、ルーティングの特性 (遅延、処理能力、または信頼できるサービス) を定義します。
  7. 保存」をクリックします。

    新しいウィンドウが開き、IP トンネルが正常に作成されたことを示すメッセージが表示されます。トンネルタイプとして 6to4 または 6rd を選択した場合は、トンネルのスタティック IPv6 ユニキャストルートが作成されたことも示されます。このウィンドウで、IP トンネルのスタティックユニキャストルートを追加できます。後で「ルーティング > スタティックルート」に移動して、スタティックルートを追加することもできます。

    このウィンドウを閉じるか、「キャンセル」を選択すると、IP トンネルおよび自動作成されたルートが保存され、ファイアウォールの設定に表示されます。

詳細情報

トップへ