コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-11

リンクアグリゲーショングループ

リンクアグリゲーショングループ (LAG) とは、複数のネットワーク接続を組み合わせて単一の接続にまとめたものです。

LAG は、トランキング、NIC チーミング、NIC ボンディング、イーサチャネルとも呼ばれます。LACP (リンクアグリゲーションコントロールプロトコル) は、2つ以上の物理リンクを単一の論理リンクにグループ化するプロトコルで、IEEE 仕様に含まれています。LACP を使用するには、リンクの両端で LACP を有効にする必要があります。LAG によって複数の物理リンクを単一の論理リンクにまとめれば、帯域幅を増やしたり、自動フェールオーバーを使用することが可能になります。

リンクアグリゲーションによる LAN トラフィックの処理には、以下のような特徴があります。

  • グループで使用しているリンク数に応じて、帯域幅使用量をスケーリングする。
  • フェールオーバーとフェールバックによってリンクの冗長性を確保し、セッションを持続させる。
  • 分散ポリシー (xmit-hash-policy) で適用されたアルゴリズムに従って、リンク間での負荷分散を調整する。
  • 既存のネットワーク構成への変更や、ハードウェアの追加が不要である。

Sophos Firewall では、以下の LAG モードを使用できます。

  • アクティブ - バックアップ: 自動リンクフェールオーバー (耐障害性) を提供します。このモードでは、LAG の単一のセカンダリメンバーが、アクティブな状態に保たれます。アクティブなセカンダリメンバーに障害が発生すると、LAG の別のメンバーがアクティブになります。
  • LACP (802.3ad): 負荷分散と自動フェールオーバーを提供します。このモードでは、すべてのリンクがトラフィックの転送に使用されます。
トップへ