コンテンツにスキップ

WAN リンク負荷分散と永続セッション

複数の WAN リンクがある場合は、各リンクに重みを割り当て、セッションの負荷分散を行うことができます。また、永続セッションを指定して、永続因子に基づいてトラフィックをルーティングできます。

現在の設定を確認するには、CLI に移動し、「4」の「デバイスコンソール」を選択して、以下の CLI コマンドを入力します。

show routing wan-load-balancing

重み付きラウンドロビン

ゲートウェイ間の負荷分散は、セッションの個数に基づいて行われます。各セッションで送信されるデータ量は、考慮されません。

2つのゲートウェイ (gw0gw1) があり、それぞれの重みを 2 と 1 に設定したとします。この場合、最初の 2つのセッションは gw0 に、3つ目のセッションは gw1 に、4つ目のセッションは再び gw0 に割り当てられます。

重み付きラウンドロビン方式を使用するには、以下の手順に従います。

  1. ネットワーク > WAN リンクマネージャ」に移動し、ゲートウェイを 1つずつ選択して、重みを入力します。
  2. CLI に移動し、重み付き負荷分散を IPv4、IPv6、またはその両方に設定します。

set routing wan-load-balancing weighted-round-robin ip-family ipv4

この場合、指定の重みに基づき、すべての IPv4 ゲートウェイにセッションがルーティングされるようになります。

永続セッション

負荷分散において、永続セッションを指定すると、永続因子に基づいてハッシュが実行され、モジュロ演算を用いてゲートウェイが決定されるようになります。

永続セッションでは、(指定の永続因子に対して) マッピングされたパラメータに基づき、トラフィックが常に同じゲートウェイにルーティングされるようになります。たとえば、永続因子を、送信元の IP アドレスに設定したとしましょう。10.10.10.1 からトラフィックを受信し、永続因子および重みの計算から gw2 が求められた場合、この IP アドレスからの最初のセッションおよび後続のセッションがすべて gw2 にルーティングされるようになります。

ヒント

負荷分散を優先する場合は、永続セッションを使用しないことをお勧めします。

CLI で、以下のいずれかの永続因子を指定できます。

  • 送信元 IP アドレス
  • 宛先 IP アドレス
  • 送信元 IP アドレスおよび宛先 IP アドレス
  • 接続 (送信元 IP アドレスおよびポート、宛先 IP アドレスおよびポート、プロトコル)

永続セッションは、IPv4、IPv6、およびその両方で設定できます。

set routing wan-load-balancing session-persistence source-only ip-family ipv4

その他のリソース

トップへ