コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-08-02

インターフェース設定の上書き

OSPF のデフォルトインターフェース設定を上書きします。

  1. ルーティング > OSPF」に移動し、「インターフェース設定の上書き」セクションの「インターフェースの選択」をクリックします。
  2. インターフェース構成の詳細を入力します。

    名前 説明
    インターフェース OSPF 用に構成するインターフェースを選択します。
    Hello 間隔 インターフェースが Hello パケットをネイバールーターに送信する前の時間の間隔を指定します。

    デフォルト: 10 秒

    許容可能な範囲: 1~65353 秒
    Dead 間隔 インターフェースがデッドと宣言される前の時間の間隔を指定します。

    デフォルト: 40 秒

    許容可能な範囲: 1~65353 秒
    再転送間隔 リンク状態アドバタイズ (LSA) をインターフェースのネイバーに再転送する時間の間隔を指定します。

    デフォルト: 5 秒

    許容可能な範囲: 3~65353 秒
    転送遅延 リンク状態アップデートパケットをインターフェースに転送するために必要な時間を秒単位で指定します。

    デフォルト: 1秒。

    許容可能な範囲: 1~65353 秒
    インターフェースコスト インターフェースのコストを指定します。

    自動」を選択してインターフェースのコストを自動的に提供するか、手動で指定することができます。

    許容可能な範囲: 1~65353 秒
    認証 OSPF パケットを認証するために認証の種類を選択します。

    使用可能なオプションは以下のとおりです。
    • テキストファイル: 認証用のパスワードを入力する必要があります。
    • MD5: 鍵 ID と鍵を入力します。鍵 ID は 0~255 の範囲で指定できます。
    ルーター優先度 ルーター優先度を指定します。

    デフォルト: 1。

    許容可能な範囲: 0~255。
  3. 保存」をクリックします。

トップへ