コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-08-02

SD-WAN プロファイルの追加

SD-WAN プロファイルには、ルーティング方法 (使用可能な最初のゲートウェイまたは SLA) と、正常性チェックの設定を指定します。SD-WAN プロファイルを追加したら、そのプロファイルを SD-WAN ルートに追加します。

SD-WAN プロファイルを追加するには、以下の手順に従います。

  1. ルーティング > SD-WAN プロファイル」に移動し、「追加」をクリックします。
    または、SD-WAN ルートを追加する過程で、プロファイルを作成することもできます。詳細は、SD-WAN ルートの追加を参照してください。
  2. プロファイルの名前と説明を入力します。
  3. ゲートウェイを選択し、順番を指定します。

    名前 説明
    ゲートウェイの選択 2つ以上のゲートウェイを選択します。1つのプロファイルに最大 8つのゲートウェイを追加できます。ゲートウェイをまだ作成していない場合や、ゲートウェイをさらに追加したい場合は、「作成」をクリックします。
    割り当て済みゲートウェイ ゲートウェイをドラッグ&ドロップして、評価順に並べます。

    次に例を示します。

    ゲートウェイの選択

  4. SLA の設定 (ゲートウェイのパフォーマンスに基づくルーティングの方法) を指定します。

    名前 説明
    SLA ゲートウェイのパフォーマンスに基づいてトラフィックをルーティングします。
    デフォルトのルーティング方法 (使用可能な最初のゲートウェイ) を使用する場合は、オフにしてください。
    SLA 方法 次のいずれかを選択してください。

    最も高品質: 以下のいずれかのパフォーマンス指標に基づいて、パフォーマンスが最良のリンクにトラフィックをルーティングします。
    • レイテンシ: レイテンシが最小のゲートウェイを選択します。
    • ジッタ: ジッタが最小のゲートウェイを選択します。
    • パケット損失: パケット損失が最小のゲートウェイを選択します。
    選択したパフォーマンス指標に基づいて、最適なゲートウェイが選択されます。
    このオプションは、重要度の低いトラフィックに使用してください。

    カスタム SLA: 以下のカスタム定義値に基づいて、パフォーマンスが最良のリンクにトラフィックをルーティングします。
    • 最大レイテンシ: 許容可能な最大レイテンシ (ミリ秒)。
    • 最大ジッタ: 許容可能な最大ジッタ (ミリ秒)。
    • 最大パケット損失: 許容可能な最大パケット損失 (%)。
    SLA を満たす、最初に使用可能なリンクにトラフィックがルーティングされます。SLA を満たすリンクがない場合は、デフォルトのルーティング方法 (使用可能な最初のゲートウェイ) が使用されます。

    最も高品質」を選択した例を示します。

    SLA の方法として「最も高品質」を選択

    カスタム SLA」を選択した例を以下に示します。

    カスタム SLA

  5. 正常性チェックの設定を指定します。

    名前 説明
    正常性チェック 正常性チェックをオンにし、ゲートウェイのステータスを監視します。
    SLA をオンにすると、「正常性チェック」が自動的にオンになり、オフにすることはできません。
    プロトコル ゲートウェイのステータスの確認に使用するプロトコル。「Ping」または「TCP」を選択します。
    プローブの対象 Sophos Firewall は、ゲートウェイの背後にあるホスト IP アドレスにリクエストを送信します。ホストがこのプローブに応答すると、ゲートウェイは有効であると見なされます。複数のプローブ対象を追加することができます。

    以下の設定を指定します。
    IP アドレス: ゲートウェイの背後にあるホストデバイスの IP アドレス。
    ポート: TCP プロトコルを選択した場合は、プローブに使用するポート番号を指定する必要があります。
    正常性チェックの試行 以下の設定を指定します。
    チェック間隔: プローブの実行間隔。
    応答のタイムアウト: この時間内に応答しないゲートウェイは、無効であると見なされます。
    処理 次の設定を指定します。
    ゲートウェイを無効化するタイミング: プローブを試行する回数。ここで指定した試行回数内で応答がない場合、ゲートウェイは到達不能であると見なされます。
    ゲートウェイを有効化するタイミング: リンクが有効であると見なされる連続応答の数。
    SLA のサンプルサイズ ゲートウェイの平均パフォーマンスを調べるために収集するプローブサンプルの数。
  6. 保存」をクリックします。

トップへ