コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-08-19

VoIP

Sophos Firewall は、Session Initiation Protocol (SIP) や H.323 標準のいずれかを使用した VoIP に対応しています。

VoIP システムの設定の詳細は、 VoIP プロバイダから提供されます。次に、SIP サービスまたは H.323 サービスを許可するファイアウォールルールを設定する必要があります。

H.323 および SIP 標準は、IP ベースのネットワークを介した音声、ビデオ、およびデータ通信の基盤となります。この標準に従うことによって、使用しているアプリケーションの種類にかかわらず、ビデオ会議や音声会議に参加することが可能となります。H.323 および SIP は、シグナリングとデータ転送に異なるフローを使用します。シグナリングフローは、設定パラメータ、IP アドレス、ポートのネゴシエーションに使用され、データフローを確立します。これらのプロトコルは、OSI モデルのレイヤ 7 にレイヤ 3 およびレイヤ 4 パラメータを導入することによってレイヤ化に違反するため、ファイアウォールによるフィルタリングが困難です。iptables におけるこの状況を解決するために、Netfilter は接続トラッキングヘルパーを提供し、ファイアウォールがこれらのプロトコルを追跡できるようにしています。

VoIP で発生する最も一般的な問題は、通話品質の低下、一方向オーディオ、または通話の切断です。VoIP に関する一般的な問題を解決するには、以下のリンクを参照してください。

その他のリソース

トップへ