コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-08-19

DoS/スプーフ防御および VoIP

条件

DoS 設定で UDP レートが適用されているときに、VoIP 接続が不安定になる。

原因

UDP フラッド設定により、VoIP トラフィックがドロップされます。

修正

  1. IPS (侵入制御システム) > DoS/スプーフ防御」に移動します。
  2. DoS 設定」で、「UDP フラッド」の「フラグの適用」チェックボックスをオフにします。
  3. VoIP 接続をテストします。
  4. これで VoIP の問題が解決する場合は、UDP フラッド防御の値を小さくしてから、フラグを再度適用してください。

    すべての環境に適した一意の値というものはありません。値を微調整しながら、ご利用の VoIP 環境に最適な値を見つけてください。

トップへ