コンテンツにスキップ

SSL/TLS インスペクションルールを使用して、復号化できないトラフィックを許可する方法

SSL 2.0 および SSL 3.0、SSL 圧縮、または識別できない暗号化スイートを使用する信頼済み Web サイトでは、復号化せずに接続を許可できます。

はじめに

復号化できないトラフィックを許可するには、以下の手順に従います。

  • 接続パラメータ (SSL 2.0 および SSL 3.0、SSL 圧縮、識別できない暗号化スイート) を指定して、復号化なしで許可する、復号化プロファイルを作成します。
  • 復号化しない接続の SSL/TLS インスペクションルールを作成します。この例では、宛先 IP アドレスを使用して、ルール条件に一致するトラフィックを検索します。または、SSL/TLS インスペクションルールに FQDN ホストグループを追加して、一致するトラフィックを検索することもできます。

復号化プロファイルを作成して、復号化できないトラフィックを許可する方法

復号化プロファイルを作成して、SSL 2.0 および SSL 3.0、SSL 圧縮、および識別できない暗号化スイートを使用する接続を復号化なしで許可します。

  1. プロファイル > 復号化のプロファイル」に移動し、「追加」をクリックします。
  2. 以下のように設定します。

    名前 説明
    名前 名前を入力します。

    例: Allow_non-decryptable_profile
    SSL 2.0 および SSL 3.0 Allow without decryption
    SSL 圧縮 Allow without decryption
    識別できない暗号化スイート Allow without decryption
  3. 保存」をクリックします。

復号化できないトラフィック用の SSL/TLS ルールの作成

SSL 2.0 および SSL 3.0、SSL 圧縮、および識別できない暗号化スイートを使用する信頼済み接続に対して、復号化せずに SSL/TLS ルールを作成します。

  1. ルールとポリシー > SSL/TLS インスペクションルール」に移動し、「追加」をクリックします。
  2. 名前を入力します。
  3. 以下のように設定します。

    名前 説明
    アクション Don't decrypt
    復号化のプロファイル 作成した復号化プロファイルを選択します。

    Allow_non-decryptable_profile
    送信元ゾーン LAN
    宛先ゾーン WAN
    宛先ネットワーク Web サイトの IP アドレスを入力します。

    例: 11.1.1.1
  4. 保存」をクリックします。

トップへ