コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-18

フェールオーバーグループの追加

フェールオーバーグループとは、IPsec 接続の順番を指定し、グループ化したものです。プライマリ接続に障害が発生すると、グループ内の次の有効な接続に自動的に引き継がれます。

フェールオーバーグループのメンバーについて:

  • 1つの接続は、1つのグループのみにメンバーとして属することができます。
  • 有効な接続だけが、フェールオーバーに参加できます。
  • フェールオーバーグループに含まれる接続は削除できません。
  • リモートアクセス接続は、フェールオーバーグループに追加できません。

接続と設定について:

  • 確立済みの接続をフェールオーバーグループに追加すると切断されます。
  • フェールオーバーグループに接続を追加すると、デッドピア検出がオフになり、対応する IPsec プロファイルで鍵のネゴシエーションの試行回数が 3 に設定されます。フェールオーバーの条件に基づき、リモートネットワークが使用可能かどうかがチェックされます。
  • グループから接続が削除されると、デッドピア検出を使って、ポリシーで指定した回数だけ、鍵のネゴシエーションが試行されます。

フェールオーバーグループを追加するには、以下の手順に従います。

  1. サイト間 VPN > IPsec」に移動します。
  2. フェールオーバーグループ」までスクロールして、「追加」をクリックします。
  3. 名前を入力します。
  4. 少なくとも 2つ以上の接続を選択します。プライマリ接続に障害が発生すると、グループ内の次の有効な接続に自動的に引き継がれます。

    リモート ID の IP アドレスは、グループ内のすべての接続で同じである必要があります。

  5. 接続エラーの通知を受け取るには、「メール通知」を選択します。

  6. プライマリ IPsec 接続が復旧したら自動的にフェールバックするには、「自動フェールバック」を選択します。

    フェールオーバーグループに指定した条件に基づいて、リモートゲートウェイの状態がチェックされます。チェックの実行間隔は、「ネットワーク > WAN リンクマネージャ」の「ゲートウェイフェールオーバーのタイムアウト」で指定します。

    リモートゲートウェイが復旧すると、プライマリの IPsec 接続に再び戻ります。プライマリに戻せない場合は、セカンダリ接続が引き続き使用されます。この場合、プライマリ接続を再度チェックして自動フェールバックを行うことはありません。セカンダリ接続のリモートゲートウェイがダウンした場合のみに、プライマリへのフェールバックが行われます。プライマリ接続を手動で復元するには、フェールオーバーグループリストに移動し、グループのステータスボタンをオフにしてから再びオンにします。この操作を行うと、ダウンタイムが発生します。

  7. フェールオーバーの状況を指定します。

    フェールオーバーの状況にあてはまると、接続エラーとみなされます。両方のファイアウォールで、以下のアクセスを適宜許可する必要があります。

    • Ping: 「管理 > デバイスのアクセス」で、WAN ゾーンの「Ping/Ping6」を許可します。
    • TCP ポート 22: 「管理 > デバイスのアクセス」で、VPN ゾーンの「SSH」を許可します。セキュリティ上の理由から、WAN で SSH アクセスを許可することは推奨しません。
    • 他の TCP ポート: パケットの受信および送信を許可するファイアウォールルールを作成します。
  8. 保存」をクリックします。

状態ボタンをクリックして、グループをアクティベートし、プライマリ接続を確立してください。

トップへ