コンテンツにスキップ

Amazon VPC

Amazon Virtual Private Cloud (VPC) とは、仮想ネットワークを通じて Amazon Web Service (AWS) リソースへのアクセスを提供する、クラウド コンピューティング サービスです。Amazon のセキュリティ認証情報または VPC 設定ファイルを使って、接続情報を Sophos Firewall にインポートすることで、Sophos Firewall を Amazon VPC に接続できます。

前提条件

Sophos Firewall を Amazon VPC に接続する前に、Amazon VPC コンソールで AWS サイト間 VPN 接続を設定しておく必要があります。詳細は、AWS サイト間 VPN 接続の設定を参照してください。

AWS サイト間 VPN 接続の設定で、「ローカル IPv4 ネットワーク CIDR」と「リモート IPv4 ネットワーク CIDR」を 0.0.0.0/0 にし、BGP ピアリングを確立できるようにします。

Sophos Firewall で BGP を設定した場合は、「ルーティング > BGP > グローバル設定」に移動し、「ローカル AS」の値をメモします。AWS の「Create Customer Gateway」ページで、「BGP ASN」にローカル AS の値を入力してください。

Amazon VPC 接続の設定

AWS サイト間 VPN 接続を作成したら、その設定を Sophos Firewall にインポートする必要があります。この操作は 1回だけ行います。AWS サイト間 VPN 接続の設定を変更した場合は、設定を再度インポートしてファイアウォールの接続を更新する必要があります。

Amazon VPC 接続を追加する方法は、以下の 2つがあります。

  • セキュリティ認証情報を使用して、AWS から接続をインポートする。
  • VPC 設定ファイルから接続をインポートする。

AWS セキュリティ認証情報を使用して Amazon VPC 接続を追加するには、以下の手順に従います。

  1. サイト間 VPN > Amazon VPC」に移動します。
  2. AWS セキュリティ認証情報の使用」を選択します。

    AWS サイト間 VPN の設定へのアクセス権をもつ AWS IAM (Identity and Access Management) ユーザーの認証情報を使用してください。

  3. アクセスキーとシークレットキーを入力します。

  4. インポート」をクリックします。

    AWS セキュリティ認証情報の使用

VPC 設定ファイルを使用して Amazon VPC 接続を追加するには、以下の手順に従います。

  1. Amazon VPC コンソールから、VPN 設定のサンプルファイルをダウンロードします。詳細は、AWS Site-to-Site VPN のサンプル設定ファイルをダウンロードするにはどうすればよいですか?を参照してください。
  2. 画面に表示される指示に従って、以下の設定を選択し、「Download」をクリックします。

    設定
    ベンダ Sophos
    プラットフォーム Sophos Firewall
    ソフトウェア v19+
    Ike バージョン ikev1 または ikev2 を選択します

    ダウンロードをクリックします

    警告

    ダウンロードした設定ファイルはサンプルであり、希望する設定と一致していない可能性があります。別のセキュリティアルゴリズムや、Diffie-Hellman グループ、非公開証明書、IPv6 トラフィックを使用するには、サンプルファイルに変更を加えてください。また、VPC 設定ファイルの tunnel_outside_address の値を、ファイアウォールの WAN インターフェースの IP アドレスに変更してください。

  3. Sophos Firewall にサインインします。

  4. サイト間 VPN > Amazon VPC」に移動します。
  5. VPC 設定ファイルの使用」を選択します。
  6. 参照」をクリックします。
  7. 設定ファイルを選択し、「開く」をクリックします。
  8. インポート」をクリックします。

    VPC 設定ファイルの使用

AWS からインポートした設定に基づき、IPsec プロファイル、BGP 設定、XFRM インターフェースが自動的に作成されます。

次の段階の手順

  • IPsec プロファイル」をクリックして、VPC 接続用に作成されたカスタムプロファイルを確認します。
  • ネットワーク > インターフェース」に移動して、VPC 接続用に作成された XFRM インターフェースを確認します。
  • ルーティング > BGP > ネットワーク」に移動して、「追加」をクリックし、ローカルネットワークのサブネットを追加します。詳細は、BGP ネットワークの追加を参照してください。
  • AWS VPC と社内ネットワークリソース間のトラフィックを許可するファイアウォールルールを作成します。詳細は、ファイアウォールルールを追加するを参照してください。
  • 管理 > デバイスのアクセス」に移動し、VPN ゾーンのダイナミックルーティングをオンにします。

Amazon VPC 接続

接続は「Amazon VPC 接続」に表示され、自動的に有効になります。接続について、以下の管理操作を行えます。

  • 追加プロパティの表示」をクリックして、リストに表示したい接続プロパティを選択します。
  • 「フィルタ」 「フィルタ表示」ボタン をクリックして、接続リストにフィルタを適用できます。
  • VPC 接続の有効化、無効化、ステータス確認を行えます。詳細は、接続ステータスを参照してください。
  • リストから接続を削除するには、「削除」 「削除」ボタン をクリックします。接続を選択して「削除」をクリックすることもできます。

Amazon VPC 接続

詳細情報

トップへ