コンテンツにスキップ

Sophos Central

Sophos Firewall デバイスを Sophos Central に登録し、デバイスを集中管理できます。

また、セキュリティハートビートを使用して、ネットワーク上のエンドポイントデバイスのセキュリティステータスを共有できます。アプリケーション同期と制御ネットワーク内のアプリケーションを検出および管理できます。

Sophos Central への登録

ファイアウォールを Sophos Central に登録し、セキュリティハートビートおよびアプリケーション同期と制御をオンにするには、「登録」を選択します。

Sophos Central への登録を解除するには、「登録解除」をクリックします。

Sophos Central に登録するには、Sophos Central のスーパー管理者アカウントを使用する必要があります。

OTP またはスーパー管理者の認証情報を使用して、以下の手順でファイアウォールを登録できます。

Sophos Central で生成した OTP

Sophos Central のスーパー管理者の認証情報がない場合は、OTP を使用してファイアウォールを登録できます。たとえば、パートナーが顧客のデバイスをインストールする場合や、ファイアウォールの管理者が登録する場合は、この方法を使用できます。

Sophos Central の管理者は、ファイアウォールのシリアル番号を使って、Sophos Central で OTP を生成します。その後、ファイアウォールの管理者に OTP を共有します。OTP は、14日間有効です。詳細は、OTP を使って Sophos Central に登録する方法を参照してください。

Sophos Central のスーパー管理者アカウントの認証情報

スーパー管理者の認証情報をもっており、ファイアウォールにアクセスできる場合は、この方法でファイアウォールを登録できます。詳細は、スーパー管理者の認証情報を使って Sophos Central に登録する方法を参照してください。

セキュリティハートビートの設定

セキュリティハートビートを設定するには、「追加の設定項目」を選択し、「ミッシングハートビートゾーン」フィールドにゾーンを追加します。

ハートビートの欠落は、ここで指定したゾーンでのみ検出されます。ポリシーでゾーンのブロックを指定し、ここにゾーンを追加しなかった場合は、コントロールセンターのセキュリティハートビートウィジェットに「欠落」と表示されます。

セキュリティハートビート、アプリケーション同期と制御、Sophos Central による管理をオフにしても、Sophos Central アカウントへの登録はそのまま維持されます。

その他のリソース

トップへ