コンテンツにスキップ

帯域幅の保証

特定のトラフィックの帯域幅を保証するトラフィックシェーピングポリシーを作成する方法と、そのポリシーを適用する方法について学習します。

はじめに

この例では、10MB の ISP 接続がリモートアクセストラフィック用に予約されていることを確認します。このためには、アプリケーションに基づいて帯域幅を保証するトラフィックシェーピングポリシーを作成し、トラフィックシェーピングポリシーをアプリケーションカテゴリに適用します。

帯域幅を保証するトラフィックシェーピングポリシーを作成する

アプリケーションに基づいて帯域幅を制限するトラフィックシェーピングポリシーを作成します。

  1. システムサービス > トラフィックシェーピング」に移動し、「追加」をクリックします。
  2. 名前を入力します。
  3. 設定を指定します。

    オプション 説明
    ポリシーの関連付け Application

    帯域幅分配の決定は、アプリケーション ID に基づいて行われます。
    ルールの種類 Guarantee

    定義された帯域幅の量は、アプリケーション用に予約されます。
    アップロード/ダウンロードの上限を個別に設定する Disable
    優先度 0 または 1

    他のトラフィックシェーピングポリシーに比べ、このポリシーの重要度を示します。
    保証帯域 - 制限帯域 10000
    帯域使用方法の種類 Shared

    同じアプリケーション ID を持つすべてのアプリケーションは、予約された帯域幅を共有します。

    トラフィックシェーピングポリシーの設定

  4. 保存」をクリックします。

アプリケーショントラフィックにトラフィックシェーピングポリシーを適用する

トラフィックシェーピングポリシーをアプリケーションカテゴリにリンクします。これは、将来の接続では、ポリシーによってそのタイプのアプリケーションの帯域幅が定義されることを意味します。

  1. アプリケーション > トラフィックシェーピングのデフォルト」に移動します。
  2. リモートアクセス」カテゴリを開き、「編集」をクリックします。
  3. ドロップダウンメニューから新しいトラフィックシェーピングポリシーを選択します。
  4. 保存」をクリックします。

トラフィックシェーピングポリシーは、リモートアクセスアプリケーションカテゴリに分類される新しい接続に適用されます。決定は、アプリケーション ID に基づいて行われます。トラフィックのアプリケーション ID は、アプリケーションフィルタログで確認できます。

複数のリモートアクセス接続が、設定した予約帯域幅を共有します。接続の数と作成するトラフィックによって、個々の帯域幅は異なります。

その他のリソース

トップへ