コンテンツにスキップ

アクセスポイント

ソフォスのアクセスポイント、Wi‑Fi 内蔵デバイス、Wi‑Fi RED アプライアンスを使って、Wi‑Fi ネットワークに接続できます。

一部の Sophos Firewall および SD-RED モデルでは、Wi‑Fi 拡張モジュールを使用することもできます。

Sophos Firewall では、ポート 2712 を使ってアクセスポイントを管理します。

アクセスポイントは、AES 暗号化された通信経由で、ファイアウォールから設定を取得します。

ソフォスのアクセスポイントに対して、以下の管理操作を行えます。

  • アクセスポイントが社内ネットワークに接続することを許可するには、アクセスポイントを選択し、「承認」をクリックします。
  • 社内ネットワークから取り外したアクセスポイントを削除するには、アクセスポイントを選択し、「削除」をクリックします。
  • アクセスポイントを再起動するには、アクセスポイントを選択し、「再起動」をクリックします。

アクセスポイントの種類と Wi‑Fi モジュール

Sophos Firewall は、以下のアクセスポイントおよび拡張モジュールをサポートしています。

  • 室内用アクセスポイント (APX シリーズ、AP シリーズなど)。

  • 屋外用アクセスポイント (AP 100X や APX 320X など)。

    • AP 100X: このモデルは、Sophos Firewall または Sophos Central を使って管理できます。詳細は、技術仕様を参照してください。
    • APX 320X: APX 320X は、Sophos Central から管理できます。Sophos Firewall から管理することはできません。詳細は、技術仕様を参照してください。
  • RED ワイヤレスデバイス (RED 15w など)。

  • Wi‑Fi 内蔵のファイアウォール (XG 135w や XGS 107w など)。
  • Wi‑Fi 拡張モジュール: 一部の Sophos Firewall および SD-RED アプライアンスでは、このオプションモジュールを使用できます。互換性のあるモデルについては、以下を参照してください。

Sophos Central からのワイヤレスデバイスの管理

アクセスポイントは、Sophos Central の「ワイヤレス」モジュールから管理できます。Wi‑Fi 内蔵アプライアンスは、Sophos Central の「ファイアウォール管理」から管理できます。

互換性とライセンスについて詳しくは、ワイヤレスライセンスガイドを参照してください。

その他のリソース

アクセスポイントへのワイヤレスネットワークの追加

CLI を使用してアクセスポイントをリモートから再起動する方法

Sophos Wireless: Wi‑Fi の基礎知識

製品のサポート終了日

トップへ