コンテンツにスキップ

メッシュネットワーク

メッシュネットワークとは、ノードによってネットワークのデータを中継し、ネットワークを広範囲に拡張するネットワークトポロジーです。メッシュネットワークでは、アクセスポイントはルートノードまたはメッシュノードとして動作します。メッシュネットワークは、ワイヤレスリピータまたはワイヤレスブリッジとして導入できます。

リピータ構成

アクセスポイントが起動すると、有線 LAN 経由でファイアウォールへの接続を試行します。接続できた場合は、ルートアクセスポイントになります。接続できなかった場合は、メッシュアクセスポイントの役割を担い、ネットワークにエンドポイントコンピュータとして参加します。ルートアクセスポイントは SSID をルートアクセスポイントからブロードキャストします。

ネットワーク図: リピータ構成のルートアクセスポイントおよびメッシュアクセスポイント

ブリッジ構成

ブリッジ構成では、メッシュネットワークを 2 つのイーサネットネットワーク間のワイヤレス接続として使用します。ワイヤレスブリッジを確立するには、2 つ目のイーサネットセグメントをメッシュアクセスポイントのイーサネットインターフェースに接続します。

ネットワーク図: ワイヤレスブリッジの設定

全般設定

メッシュ ID

メッシュネットワークの一意の ID。アクセスポイントは、同じメッシュ ID をアドバタイズしている他のアクセスポイントを探します。

周波数帯域

メッシュネットワークが動作する帯域。

アクセスポイント

メッシュネットワークに追加するアクセスポイント。

メッシュネットワークについて知っておくべきこと

  • ソフォスのアクセスポイントのみを使用して、メッシュネットワークを作成することができます。
  • メッシュネットワークを設定するには、新しい SSID を作成する必要があります。
  • メッシュ SSID は 1つのみ作成できます。
  • 少なくとも 1台のアクセスポイントを LAN に接続する必要があります。
  • メッシュアクセスポイントは同じチャネルに設定する必要があります。
  • チャネルの動的選択は使用しないでください。アクセスポイントを再起動したときに、異なるチャネルが選択される可能性があります。
  • メッシュネットワークは、設定後 5 分以内に使用できるようにする必要があります。
  • ルートアクセスポイントは、自動的にテイクオーバー (引き継ぎ) されません。メッシュアクセスポイントの 1 つを再起動する必要があります。
  • メッシュネットワークは、同じアクセスポイントシリーズ間のみで作成できます。たとえば、APX アクセスポイントは、他の APX アクセスポイントとのメッシュネットワークのみを作成することができます。
  • APX アクセスポイントの場合、メッシュロールを指定する必要はありません。メッシュモードが有効化された SSID が 2つの APX にプッシュされると、既に Sophos Firewall へのイーサネット接続を確立しているほうがルートアクセスポイントになります。メッシュモードが有効化された SSID が APX にプッシュされたら、再起動することをお勧めします。
  • VLAN にブリッジ」を使用しない場合は、VLAN が割り当てられたアクセスポイントを使ってメッシュネットワークを設定する必要があります。

その他のリソース

トップへ