コンテンツにスキップ

不正アクセスポイントスキャン

不正アクセスポイントとは、許可なくネットワークに接続しているアクセスポイントを指します。不正アクセスポイントは、トラフィックの盗聴や、中間者攻撃などに利用される可能性があります。周辺のアクセスポイントをスキャンし、未認証アクセスポイントを不正アクセスポイントとしてマークすることで、このような脅威を防止できます。

不正 AP スキャンは、Wi‑Fi 対応の Sophos Firewall のみで実行できます。

不正なアクセスポイントをスキャンする

ネットワークをスキャンして不正なアクセスポイントを検出し、不正マークを付けるには、以下の手順に従います。

  1. ワイヤレス > 不正 AP スキャン」に移動します。
  2. スキャンの結果」の「今すぐスキャン」をクリックします。

    スキャン中、クライアントデバイスは短時間切断されます。

    検出されたすべてのアクセスポイントが、「不明なアクセスポイント」に表示されます。

  3. 以下のいずれかの操作を行います。

    • アクセスポイントを承認するには、「「認証済みアクセスポイント」としてマークするアクセスポイントを認証するボタン をクリックします。
    • アクセスポイントに不正マークを付けるには、「「不正アクセスポイント」としてマークするアクセスポイントを認証するボタン をクリックします。

不正アクセスポイントのスキャンスケジュールを設定する

不正アクセスポイントのスキャンスケジュールを設定するには、以下の手順に従います。

  1. ワイヤレス > 不正 AP スキャン」に移動します。
  2. 全般設定」で、「システム起動によるスケジュール検索の実行日時」をクリックします。
  3. ドロップダウンメニューからスケジュールを選択するか、新しいスケジュールを作成します。
  4. 適用」をクリックします。
トップへ