コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-11

保護の設定

ここでは、データセンターを指定したり、ファイルをゼロデイ解析分析から除外するための設定を説明します。

オプション 説明
ゼロデイ対策のデータセンターの場所 分析対象のファイルは、クラウド上のゼロデイ対策データセンターに安全な SSL 接続経由で送信されます。デフォルトでは、最寄りのデータセンターが選択されますが、別のデータセンターを選択することもできます。

データセンターを変更すると、現在実行中の分析が失われる可能性があります。
除外するファイルの種類 ゼロデイ対策分析から除外するメール添付ファイルと Web ダウンロードの種類を選択します。ファイルの種類は、ファイル拡張子と MIME ヘッダーによって識別されます。

選択したファイルの種類を含むアーカイブも、他に含まれるファイルの種類にかかわらず、除外されます。

除外するファイルの種類を追加するには、「新規項目の追加」をクリックし、リストからファイルの種類を選択します。

任意の種類を除外対象として指定できます。ただし、安全とみなされる多くのファイル (画像など) は、分析に送信されることはありません。リスクが高いとみなされる種類のファイルのみが、ゼロデイ対策による実行・分析に送信されます。

トップへ