コンテンツにスキップ
ページの一部またはすべては機械翻訳されました。
最終更新日: 2022-09-13

デバイス管理

デバイス管理を使用すると、ファイアウォール設定を工場出荷時のデフォルトにリセットしたり、現在インストールされているファームウェアバージョンを確認したり、高度なシェルにアクセスしたり、アプライアンスに保存されているレポートをフラッシュしたりできます。

デバイス管理には、オプション5 デバイス管理のメインメニューからアクセスします。デバイス管理で使用できるオプションは次のとおりです。

メニュー項目 説明
出荷時のデフォルト設定にリセットします これを選択すると、アプライアンスは工場出荷時と同じ状態にリセットされます。展開後に作成されたすべてのカスタム構成(ネットワーク構成、パスワード、ユーザー、グループなど)が失われます。 ポリシー、VPN設定などです。
ファームウェアを表示します 現在インストールされているファームウェアと、インストール可能なファームウェアの以前のバージョンを表示します。ソフォス ファイアウォールは、アプライアンス上で以前のファームウェアを使用可能な状態に維持するため、アプライアンスのイメージを再作成することなく容易にロールバックできます。
Advanced Shell 高度なシェルを使用すると、デバイスコンソールよりも詳細な情報を表示できます。これは完全なLinuxシェルであり、データベースやシステムサービスなどのシステム内部へのフルアクセスを提供します。高度なシェルは注意して使用してください。
デバイスレポートをフラッシュします このオプションを選択すると、デバイスに保存されているレポートが削除されます。アプライアンスが再起動し、約10分間ネットワーク経由で到達不能になります。レポートをフラッシュする場合は、デバイスがオンラインに戻るまで現在のインターネットゲートウェイ接続が失われるため、時間を考慮する必要があります。
トップへ