コンテンツにスキップ
ページの一部またはすべては機械翻訳されました。
最終更新日: 2022-09-12

OSPFの設定手順です

次の手順では、ソフォス ファイアウォールでOSPFを設定する方法について説明します

OSPFを設定するには、次の手順を実行します。

  1. Option 3(Route Configuration) > Option 1(Configure Unicast Routing) > Option 2(Configure OSPF)を選択します。次のプロンプトが表示されます。

    OSPF>
    
  2. と入力します enable

    これにより、OSPFルーティングプロセスがイネーブルになり、グローバルコンフィギュレーションモードになります。

  3. OSPFルーティングプロセスのネットワークのリストを指定します

    オプション 説明
    ospf#configure terminal ルータコンフィギュレーションモードを開始し、端末からOSPFを設定できるOSPFコンフィギュレーションモードをイネーブルにします。
    ospf(config)#router ospf OSPFルーティングプロセスを設定および開始できます。
    ospf(config-router)#network ip-addressareaarea-id サブネット情報でip-addressを指定すると

    、エリアにインターフェイスが割り当てられます。エリアIDは、インターフェイスが存在するエリア番号です。 エリアIDには0~4294967295の整数を指定できます。また、IPアドレスA.B.C.Dと同様の形式を使用できますネットワークの一部であるインターフェイスは、OSPFリンクステートアドバタイズメントでアドバタイズされます。
    ospf(config - router)# show running - config 現在のOSPF設定を表示します。
    ospf(config-router)#end ルータコンフィギュレーションモードを終了し、イネーブルモードに切り替えます。
    ospf(config - if)#exit ルータ管理メニューに戻ります。
トップへ