コンテンツにスキップ
ページの一部またはすべては機械翻訳されました。
最終更新日: 2022-09-12

RIPの設定手順です

次の手順では、ソフォス ファイアウォールでRIPを設定する方法について説明します。

RIPを設定するには、次の手順を実行します。

  1. オプション3(ルート設定) > オプション1(ユニキャストルーティングの設定) > オプション1(RIPの設定)を選択します。次のプロンプトが表示されます。

    rip>
    
  2. と入力します enable

    RIPルーティングプロセスをイネーブルにして、グローバルコンフィギュレーションモードを開始します。

  3. RIPルーティングプロセスのネットワークのリストを指定します。これには、一連のコマンドが必要です。

    初期セットアップ時に、これらのコマンドを順番に入力する必要があります。

    オプション 説明
    端末を設定します ルータコンフィギュレーションモードを開始し、端末からRIPを設定できるようにするRIPコンフィギュレーションモードをイネーブルにします。
    ルータRIP RIPルーティングプロセスを設定および開始できます。
    ネットワークIPアドレス/サブネットマスクです IPアドレスとサブネット情報を指定します

    。たとえば、10.0.0.0/24のネットワークでRIPがイネーブルになっている場合、10.0.0.0~10.0.0.255のすべてのアドレスがRIPに対してイネーブルになります。

    指定されたネットワークアドレス間のRIPインターフェイスをイネーブルにします。RIPルーティングアップデートは、このネットワーク上のインターフェイスを介してのみ送受信されます。

    また、インターフェイスのネットワークが指定されていない場合、インターフェイスはRIPアップデートでアドバタイズされません。ネットワークと一致するアドレスを持つインターフェースが有効に設定されます。
    end ルータコンフィギュレーションモードを終了し、イネーブルモードに入ります。
  4. 認証を設定するには、次の手順を実行します。

    初期セットアップ時に、これらのコマンドを順番に入力する必要があります。

    オプション 説明
    rip#configure terminal ルータコンフィギュレーションモードを開始し、端末から設定できるようにするRIPコンフィギュレーションモードをイネーブルにします。
    rip(config)#interface ifname 認証を設定するインターフェイスを選択します。
    rip(config-if)#ip rip authentication mode{text[ string]} 認証モードをテキストとして設定し、認証文字列を設定します。各インターフェースに対して認証モードを定義します。デフォルトでは、認証はすべてのインターフェイスでイネーブルになっています。いずれのインターフェイスにも認証が不要な場合は、ディセーブルにする必要があります。

    RIPバージョン1は認証をサポートしていません。RIP Version 2 はテキスト形式 (パスワード) または Keyed Message Digest 5 (MD5) 認証に対応しています。

    RIPバージョン2パケットの認証をイネーブルにし、インターフェイスで使用できるキーのセットを指定するには、インターフェイスコンフィギュレーションモードでip rip authentication key-chainコマンドを使用します。いずれのインターフェイスにも認証が必要ない場合は、このコマンドのno形式を使用します。

    例を示します。
    interface A
    ip rip authentication modetext
    ip rip authentication stringteststring
    rip(config)#interface ifname 上記の説明を参照してください。
    rip(config-if)#ip rip authentication mode {md5[Key-chain name of key-chain]} 認証モードをMD5に設定し、認証文字列を設定します。

    例を示します。
    interface A
    ip rip authentication modemd5key-chain testkeychain
    rip(config)#interface ifname 上記の説明を参照してください。
    rip(config-if)#no ip rip authentication mode 認証をディセーブルにする

    例を示します。
    interface A
    no ip rip authentication mode
    rip(config-if)#end ルータコンフィギュレーションモードを終了し、イネーブルモードに切り替えます。
  5. ルータ管理メニューに戻ります。

rip(config-if)#exit
トップへ