コンテンツにスキップ
ページの一部またはすべては機械翻訳されました。

RIP 設定

RIPを設定するこのオプションは、ソフォス ファイアウォールがゲートウェイモードで展開されている場合にのみ使用できます。

ルーティング情報プロトコル (RIP) とは、宛先への最適なルートを決定するためにホップ数を使う、広範に使用されるルーティングプロトコルです。

Routing Information Protocol(RIP)は、小規模で比較的均質なネットワーク向けのディスタンスベクタールーティングプロトコルです。ルーティングメトリックとしてホップカウントを使用します。通常、各ネットワークは1ホップとしてカウントされます。ネットワークの直径は15ホップに制限されています。したがって、ホップカウントが16ネットワークになると、到達不能で無限距離であると見なされます。

ファイアウォールはRIPプロトコルを使用して、ルーティングアップデートメッセージを定期的に次のルータに送信します。次に、ルータはルーティングテーブルを更新し、変更を受信すると、パスのメトリック値を1ずつ増やします。メッセージの送信者は次のホップとして考慮されます。ファイアウォールは、宛先へのメトリック値が最小のルートだけを維持します。

RIPのファイアウォール実装では、次の機能がサポートされます。

  • RIPバージョン1(RFC 1058を参照してください)
  • RIPバージョン2(RFC 2453を参照してください)
  • プレーンテキストおよびMessage Digest 5(MD5)認証です

ルートを削除しています

ルート設定を削除するには、次のように、コマンドプロンプトでno networkコマンドの後にIPアドレスを入力します。IPアドレスをネットワークに適したアドレスに置き換えてください。

rip(config)#no network 10.10.0.1

この画面を終了してメニューに戻るには、exitと入力します。

rip(config)#exit

RIPの無効化

RIPルーティング設定をディセーブルにするには、次のようにコマンドプロンプトからno routerコマンドを実行します。

rip(config)#no router rip

この画面を終了してメニューに戻るには、exitと入力します。

rip(config)#exit

RIP設定タスクリストです

RIP コマンドを実行する前に RIP を有効に設定する必要があります。

RIPを設定するには 、RIPの設定手順を参照してください

トップへ