コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-06-23

HA のアーキテクチャと設計

ここでは、仮想 MAC アドレスの割り当ての仕組みと、HA クラスタ内のパケットフローについて説明します。

詳しくは、以下をお読みください。

仮想 MAC の仕組み

HA クラスタは、現在のプライマリ デバイスによって常に所有されている仮想 MAC アドレスを使用します。仮想 MAC アドレスは、クラスタ内のどのインターフェースの物理 MAC アドレスとも異なります。

プライマリデバイスは、仮想 MAC アドレスを使用してクラスタに対する ARP 要求に応答します。補助デバイスはARP要求に一切応答しません。補助デバイスは、そのデバイス自身の物理 MAC アドレスを使用します。

クラスタに接続しているすべてのクライアントは仮想 MAC アドレスを使用します。HA 専用リンク以外の各インターフェースに、仮想 MAC アドレスが 1つあります。

仮想 MAC アドレスは、割り当てたクラスタ ID に基づいて計算されます。したがって、HA クラスタごとに固有の ID を使用する必要があります。

以下の図は、仮想 MAC アドレスの割り当てと ARP パケットへの応答を示しています。

仮想 MAC アドレスと ARP パケットへの応答を示す図

パケットフロー

ARP 要求には、プライマリデバイスが仮想 MAC アドレスを使用して応答します。したがって、トラフィックは常にプライマリデバイスに送信されます。プライマリ デバイスはパケットを宛先に送信します。プライマリデバイスは、宛先から応答を受信すると、それを送信元に送り返します。

以下の図は、プライマリデバイスによるパケット処理フローを示しています。次のいずれかが可能です。

  • アクティブ-パッシブ: プライマリデバイスがすべてのトラフィックを処理します。
  • アクティブ-アクティブ: プライマリデバイスはパケットを個別に処理します。

プライマリデバイスのパケットフロー

上の図の IP アドレスは例です。ご利用のネットワークによって、IP アドレスは異なります。

トップへ