コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-09-13

QuickHA を使用して、アクティブ-アクティブの HA を設定する

QuickHA を使用して、アクティブ-アクティブの HA クラスタを設定する方法について説明します。

QuickHA を使用して、アクティブ-アクティブの HA を設定するには、以下の手順に従います。

ヒント

QuickHA モードを開始するときは、2つのデバイスが異なる IP アドレスを使用していることを確認してください。たとえば、両方ともデフォルトの 172.16.16.16 を使用することはできません。

  1. 両方の Sophos Firewall デバイスの HA 専用ポートにネットワークケーブルを接続して、デバイス同士を接続します。
  2. プライマリデバイスの Web 管理コンソールにサインインして、「システムサービス > 冗長化 (HA)」に移動します。
  3. 初期のデバイスのロール」で、「プライマリ (アクティブ-アクティブ)」を選択します。
  4. QuickHA」が選択されていることを確認します次の手順に従って、既定の設定 (変更可能) が表示されます。
  5. QuickHA はパスフレーズ自動的に生成します。パスフレーズは手動で変更することもできます。

    パスフレーズは、HA リンク上の通信の暗号化に使用される SSH キーを生成するために 1回だけ使用されます。削除されます。

  6. HA 専用リンクが自動的に選択されます。インターフェースを手動で選択することもできます。

    デフォルトでは、QuickHA は最初のバインド解除されたインターフェースを選択します。これが使用できない場合は、最初の DMZ ポートを使用します。このインターフェースは、QuickHA モードという名前に変更され、リンクローカル範囲 169.254.0.0/16 から IPv4 アドレスが割り当てられます。

    警告

    すでに使用されている DMZ ポートが QuickHA によって選択された場合、現在の設定が上書きされます。

  7. HA の開始」をクリックします。

  8. 補助デバイスの PortA から Web 管理コンソールにサインインして、「ネットワーク > インターフェース」に移動します。PortA の IP アドレスが、プライマリデバイスの PortA と同じサブネットにあることを確認してください。

    この例では、PortA をピア管理ポートとして設定します。したがって、補助ノードの PortA が、プライマリノードの PortA と同じサブネットにある必要があります。同じサブネットにないと、QuickHA が動作せず、プライマリノードの /log/syslog.log に以下のエラーが記録されます。

    Validation Failed For Ha interface IP

    たとえば、プライマリノードの PortA が 192.168.3.254/24 の場合、補助ノードの PortA に 192.168.3.253/24 は使用できますが、172.16.16.16/24 は使用できません。

  9. システムサービス > 冗長化 (HA)」に移動します。

  10. 補助」デバイスロールとしてを選択します。

    ヒント

    QuickHA は、補助デバイスの Web 管理コンソールへのアクセスに使用されているインターフェースに基づいて、ピア管理ポートを割り当てます。たとえば、PortA を使用している場合、両方のデバイスでこのインターフェースがピア管理ポートになります。

  11. QuickHA」を選択し、プライマリデバイスで使用したパスフレーズを入力します。

  12. HA の開始」をクリックします。上書きされる設定に関するメッセージが表示されます。これは、プライマリデバイスから設定が同期されるためです。
トップへ