コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-06-23

HA 設定

HA の設定オプションを紹介します。

要件に応じて、Sophos Firewall を HA のアクティブ-アクティブまたはアクティブ-パッシブモードに設定できます。

モード 説明
アクティブ-パッシブ プライマリファイアウォールに障害が発生すると、補助ファイアウォールが自動的にトラフィック処理を引き継ぎ、ダウンタイムを防ぎます。
アクティブ-アクティブ アクティブ-アクティブモードでは、プライマリファイアウォールと補助ファイアウォールの両方がトラフィックを処理します。プライマリデバイスがすべてのネットワークトラフィックを受信し、補助デバイスへの負荷分散を行います。プライマリファイアウォールに障害が発生すると、補助ファイアウォールがすべてのネットワークトラフィック処理を引き継ぎます。

HA は、以下のいずれかの方法で設定できます (カスタマイズできるレベルが異なります)。それぞれの方法の詳細を以下に示します。

  • QuickHA。設定を簡単に行うには、このモードの使用を推奨します。
  • 対話型。
設定モード 説明
QuickHA デフォルトの設定値を自動選択します。これにより、必要最小限の手順で HA システムを簡単にセットアップすることができます。

QuickHA を使って HA を設定、有効化したあとに、HA の詳細オプションを設定できます。たとえば、監視ポート、キープアライブタイマー、プライマリへのフェールバックなどを設定することができます。
対話型 インタラクティブモードでは、HA 設定をより詳細に制御できます。このモードでは、QuickHA で自動選択されるパラメータ (仮想 MAC アドレスの割り当てやピア管理の設定など) を手動で選択できます。

このモードでは、最初に補助ファイアウォールを設定し、次にプライマリを設定します。
トップへ