コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-08-19

インターフェースの設定

  1. インターフェースを設定するには、「ネットワーク > インターフェース」に移動します。
  2. 「メニュー」 「メニュー」ボタン をクリックし、「インターフェースの編集」を選択します。
  3. ドロップダウンリストからゾーンを選択します。

    ゾーンの選択します

    ゾーンを選択すると、詳細設定のオプションが表示されます。デフォルトでは、IPv4 のオプションが表示されます。

  4. インターフェースへの IP アドレスの割り当て方法を選択します。

    インターフェースへの IP アドレスの割り当て方法

    DHCP を選択した場合は、それ以外の設定は不要で、そのまま設定を保存できます。ステップ 7 に進んでください。

    PPPoE 接続は通常、WAN ゾーンで ISP への DSL 接続を設定するときに使用します。PPPoE 接続を使用する場合は、ISP から提供された情報を入力する必要があります。ステップ 6 に進んでください。

    インターフェースにスタティック IP アドレスを設定する方法については、以下の手順をご覧ください。

  5. インターフェースにスタティック IP アドレスを割り当てるには、IP アドレスと、ネットワークのサブネットマスクを入力します。

    インターフェースに IP アドレスを割り当てます

    WAN インターフェースを設定する場合は、ゲートウェイの名前と IP アドレスも入力する必要があります。

  6. PPPoE インターフェースを設定するには、ISP から提供された情報を以下の項目に入力します。

    PPPoE の設定

    オプション 説明
    推奨 IP PPPoE 接続の推奨 IP アドレス。多くのインターネットサービスプロバイダは、PPPoE 接続にスタティック IP アドレスを割り当てています。Sophos Firewall では、特定のスタティック IP アドレスを PPPoE 接続にバインドすることができます。



    PPPoE サーバーの設定によっては、推奨 IP アドレス以外のアドレスが PPPoE 接続に割り当てられる場合があります。

    ゲートウェイ名 インターネットトラフィックをルーティングするゲートウェイの名前。
    ユーザー名 PPPoE アカウントのユーザ名。
    パスワード PPPoE アカウントのパスワード。
    アクセスコンセントレーター/サービス名 アクセスコンセントレーターとサービス名。ファイアウォールは、指定サービスを提供できるアクセスコンセントレーターとのセッションのみを開始します。
    LCP エコーの間隔 リンクがライブかどうかを確認するために、システムがエコー要求を送信するまでの待機時間 (秒)。一旦試行した後、指定間隔が経過してから、次の試行を行います。
    LCP エラー 試行回数 (エコーの要求回数)。指定した回数だけ試行してもエンドポイントから応答がない場合、PPPoE 接続は切断されます。
    再接続のスケジュール時間 PPPoE 接続に割り当てたアドレスがダイナミックかスタティック (推奨) かにかかわらず、有効期間を定義することができます。有効期間が経過すると、PPPoE 接続は切断され、再接続されます。営業時間内に再接続を禁止するには、PPPoE の再接続スケジュールを有効にします。



    再接続時、推奨 IP アドレス (指定した場合) 以外のアドレスを PPPoE 接続に割り当てることができます。

  7. 保存」をクリックします。

トップへ