コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-09-07

リモートアクセス IPsec および SSL VPN

Sophos Connect クライアントを使用して、リモートアクセス IPsec および SSL VPN 接続を確立できます。

iOS デバイスには Sophos Connectクライアントは不要です。

Sophos Connect クライアントおよび SSL VPN 設定をダウンロードして、エンドポイントと社内ネットワーク間にリモートアクセス SSL VPN 接続を確立できます。

サポート対象のエンドポイント

以下のエンドポイントでは、Sophos Connect クライアントを使って接続を設定することができます。

  • Windows 10 および 11 のデバイス

以下のエンドポイントでは、Sophos Connect クライアントを使って接続を設定することはできません。

  • macOS デバイス
  • Linux デバイス
  • モバイルデバイス

これらのエンドポイントには、レガシーの SSL VPN クライアントまたは OpenVPN クライアントを使用できます。

Sophos Connect クライアントのダウンロード

  1. ユーザーポータルにサインインします。
  2. VPN」を参照します。
  3. Sophos Connect クライアント (IPsec と SSL VPN)」で、「Windows 向けのダウンロード」をクリックします。

    Windows 向けの Sophos Connect クライアントのダウンロード

  4. ダウンロードしたファイルをクリックして、Sophos Connect クライアントをデバイスにインストールします。
    デスクトップにクライアントが表示されます。

  5. クライアントをダブルクリックします。
    Windows では右下のトレイに、macOS デバイスでは右上に、クライアントが表示されます。

    Windows トレイの Sophos Connect クライアント

設定ファイルのダウンロード

  1. ユーザーポータルで、「SSL VPN クライアント」にスクロールダウンし、「その他の OS 向け設定のダウンロード」をクリックします。
    これにより、.ovpn ファイルがダウンロードされます。

    設定ファイルのダウンロード

    SSL VPN クライアント」セクションは、管理者がリモートアクセス SSL VPN ポリシーを割り当てたユーザーに対してのみ表示されます。

設定ファイルのクライアントへのインポート

  1. エンドポイントの Windows トレイにある「Sophos Connect」クライアントをクリックして、「接続のインポート」をクリックします。

    接続のインポート

  2. ダウンロードした設定ファイル .ovpn を選択します。

    接続の例を以下に示します。

    VPN 接続

  3. 接続」をクリックして、サインインします。

    「接続」をクリックします

  4. ユーザーポータルの認証情報を入力します。

    サインインして接続します

  5. 2要素認証の画面が表示されたら、検証コードを入力します。

  6. サインイン」をクリックします。

これにより、リモートアクセス SSL VPN 接続が確立されます。これ以降は、接続が自動的に確立されます。

ヒント

以前接続していたトンネルに接続できなくなった場合は、ユーザーポータルから設定ファイル .ovpn を再びダウンロードして、「Sophos Connect」クライアントにインポートしてください。

管理者が設定を変更した場合は、この操作を実行する必要があります。

Sophos Connect クライアントをダウンロードして、クライアントに IPsec 設定をインポートします。その後、エンドポイントと社内ネットワーク間にリモートアクセス IPsec VPN 接続を確立できます。

サポート対象のエンドポイント

以下のエンドポイントでは、Sophos Connect クライアントを使って接続を設定することができます。

  • Windows 10 および 11 のデバイス
  • macOS 10.13 以降

以下のエンドポイントでは、Sophos Connect クライアントを使って接続を設定することはできません。

  • Linux デバイス
  • モバイルデバイス

これらのエンドポイントには、サードパーティ製の IPsec VPN クライアントを使用できます。

Sophos Connect クライアントのダウンロード

  1. ユーザーポータルにサインインします。
  2. VPN」を参照します。
  3. Sophos Connect クライアント (IPsec と SSL VPN)」で、以下の手順に従います。

    • Windows デバイス: 「Windows 向けのダウンロード」をクリックします。
    • macOS デバイス: 「macOS 向けのダウンロード」をクリックします。

    Windows 向けの Sophos Connect クライアントのダウンロード

  4. ダウンロードしたファイルをクリックして、Sophos Connect クライアントをデバイスにインストールします。
    デスクトップにクライアントが表示されます。

  5. クライアントをダブルクリックします。
    Windows では右下のトレイに、macOS デバイスでは右上に、クライアントが表示されます。

    トレイ内の Sophos Connect クライアント

IPsec VPN クライアント」セクションは、管理者がリモートアクセス IPsec VPN を設定した場合にのみ、表示されます。

設定ファイルのクライアントへのインポート

管理者から、設定ファイル .scx を共有してもらいます。

  1. エンドポイントのトレイにある「Sophos Connect」クライアントをクリックし、「接続のインポート」をクリックします。

    接続のインポート

  2. 管理者から共有された設定ファイル .scx を選択します。

    接続の例を以下に示します。

    VPN 接続

  3. 接続」をクリックして、サインインします。

    「接続」をクリックします

  4. ユーザーポータルの認証情報を入力します。

    サインインして接続します

  5. 2要素認証の画面が表示されたら、検証コードを入力します。

  6. サインイン」をクリックします。

これにより、リモートアクセス IPsec VPN 接続が確立されます。これ以降は、接続が自動的に確立されます。

ヒント

以前接続していたトンネルに接続できなくなった場合は、管理者が設定ファイルに変更を加えた可能性があります。新しいファイルをもらって、「Sophos Connect」クライアントにインポートしてください。

iOS デバイスと社内ネットワーク間に、リモートアクセス IPsec VPN 接続を確立できます。

接続を確立する方法

  1. iOS デバイスで Safari ブラウザを開き、ユーザーポータルにサインインします。
  2. VPN」を参照します。
  3. Apple iOS 向け IPsec VPN クライアントの設定」の「インストール」をクリックします。

    iOS デバイスへの IPsec VPN の設定のインストール

IPsec VPN が自動的に確立されます。

iOS IPsec のセクションは、管理者がリモートアクセス IPsec VPN を設定した場合にのみ、表示されます。

ヒント

以前接続していたトンネルに接続できなくなった場合は、設定を再度インストールしてください。

管理者が設定を変更した場合は、この操作を実行する必要があります。

VPN 接続の終了

VPN 接続を終了するには、以下の手順に従います。

  1. iOS デバイスで「設定」をタップします。
  2. 全般 > VPN」をタップします。
  3. 接続の「ステータス」ボタンをタップします。

VPN 接続が終了します。

トップへ