コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-09-07

XenApp へのインストール

Sophos Firewall OVF イメージを、XenApp プラットフォームに導入できます。

  1. Sophos Firewall の無償評価版にアクセスし、Sophos Firewall OVF イメージの .zip ファイルをダウンロードします。.zip ファイルを展開して、XenCenter をインストール済みのデバイスにイメージを保存します。
  2. OVF イメージを導入するには、以下の手順に従います。

    1. XenCenter を起動します。「Import Source (ソースのインポート)」を選択し、OVF イメージを選択します。

    2. Location (場所)」を選択し、仮想マシンを配置する場所を指定します。「Import VM(s) to (VM のインポート先)」で、場所を選択します。または、Home Server (ホームサーバー) を指定することもできます。

    3. Storage (ストレージ)」を選択し、宛先プール内のストレージリポジトリを指定します。

    4. Networking (ネットワーキング)」を選択し、仮想アプライアンスがインターネット接続に使用するネットワークインターフェースを選択します。

    5. OS Fixup Settings (OS フィックスアップの設定)」は、デフォルトの設定「Don't use Operating System Fixup (OS のフィックスアップを使用しない)」のままにします。

    6. Transfer VM Settings (VM 設定の転送)」を選択し、ネットワークの設定を指定します。

    7. 設定のサマリーを確認します。

    8. 仮想アプライアンスに接続するには、アプライアンスを右クリックして、「Start (開始)」を選択します。

    Sophos Firewall がサーバーにインストールされます。

  3. Sophos Firewall を設定します。

    1. 管理者のパスワード admin を入力します。
    2. ソフォスのエンドユーザー利用規約に同意します。

      メインメニュー」が開きます。

    3. 管理デバイスから、https://172.16.16.16:4444 に移動します。

    4. 開始」を選択して、初期セットアップウィザードを開き、基本設定を行います。

      制限事項

      CLI コンソールからデフォルトのパスワードを変更した場合、ウィザードは起動しません。

Sophos Firewall をアクティベートして、登録する必要があります。

トップへ